改善例

他にも内臓疾患はもちろん、外傷、アレルギー、ハゲ、ダイエットに毛艶アップ等多数改善例ございます。

​柴犬 3歳(尿管結石)

​何度もトイレに行くのに中々おしっこが出ない、排尿後中々トイレから離れない何だか様子がおかしいと病院へ行ったところお腹に石が沢山溜まっておりそのうちの一つが尿管を詰まらせる可能性があるとの事で急遽手術が決まった。何か出来ることはと手術までの数日間ほぼ毎日2、3時間酵素浴してもらったところ、手術当日エコーに危険な位置にあった石が映らない。念の為とカテーテルを通して確認したがやはりその石は消えていた。更にかなりの膀胱の腫れがあったにも関わらず、痛がらず普通に過ごしていたことにドクターは驚かれた。

​​ダックス 13歳 ガン 

​アビシニアン 19歳 

食欲が急に落ち病院受診、高齢の猫に多い腎炎かもと言われるも、先代がやはり腎炎で治療がとても辛かったこともあり診断は受けず、点滴のみで帰宅。飼い主様ご自身が酵素風呂に通われていたため動物用の酵素風呂を探されてご来店。翌日にはご飯をモリモリ食べだし、驚かれる。自宅用の酵素風呂もご購入いただき今は毎日の乗っておられ、とても元気に過ごされている。

​ぐったりした様子なので病院受診。がんの疑いとの初見で慌ててPUGNUSへ連れてこられた。飲まず、食わずぐったりのまま翌日病院を再受診された。転移もかなり見られ、余命2週間との診断。更に腹水が600グラム増えていたこともあり酵素浴は控えようと判断された。ところが更に二日程経った頃突然大量のおしっこが出た。飲んでいないのである。そして、歩きだし少し食べるようにもなってきた。腹水でパンパンだったお腹がペタンコになっている。計ると800グラム減っていた。酵素のパワーに違いないと確信され、その日からPUGNUSへ通うようになられた。余命宣告を過ぎ更に2週間を過ぎた頃痛がる様子もなく眠るように亡くなった。

チワワ 13歳 心臓弁膜症

   胆でい症、脂肪腫

心臓、肝臓、気管と計5種の服薬が5年以上続いていた。弁膜症に至っては心臓肥大も酷く一時危ない状態にも。治療に疑問を持たれ酵素浴に通われるように。

苦しかったからか行きたがらなかった散歩の催促をするように、目も生き生きし体重も落ち体格はすっきりと、足取りも軽くぴょんぴょんと跳ねるようになり家族も大変驚かれた。数値はいずれも正常範囲内となり、また動物病院を変えられそこの治療方針もあり薬は心臓の1種

​のみとなった。その後も定期的な酵素浴を続けられ、更に薬を半錠にまで減らすことができている。胸にできた大きな脂肪腫はほんの少しづつではあるが小さくなっており、用事などで酵素浴できない期間が続くと、また張って大きくなるというような現象が起きている。

アレルギーのような症状が出たため病院を受診、検査の結果食事で該当するものがあったためフードを変えてみたものの症状は治らない。かゆみが出るたびに薬で抑えるだけしかできないことが辛く、PUGNUSを検索された。目の周りや足も搔きむしりが酷く毛が随分と抜けてしまい痛々しいほどの姿であった。毛のパサつきもみられた。聞くとフードを全然たべない。皿に残ったまま翌日まで置いてある、水分も少ない、当然排便のない日も。定期的な酵素浴と並行してフードと水をオススメのもに変えてもらったところ、ものすごく食いつきも良くペロリと平らげるように。毛もしっかりと生えてきて搔きむしりも減ったとの事。とても喜んでいらっしゃった。

​ブルドッグ 3歳 便秘

便秘が酷く以前病院で便をかき出すことをされており、その後また同じような便秘が続けば場合によって次回は手術になるかもと言われていた。しかしまた排便が1週間なく嘔吐するようになったため、何か良い方法はないかと探され酵素浴へこられた。手作り食がメインだったためフードの切り替えもおすすめし酵素浴してもらったところPUGNUSへ来た翌日は排便があるとの事。食事に水分、また体を温めることはとても重要だと実感した。

​柴犬 5歳 アレルギー